NEWS

2017年08月24日

真の住まい通信no.46 床暖房・断熱材なしの住宅 その2

床暖房・断熱材なしの住宅の性能検証その2です。断熱材なし床暖房の木造住宅は、文字通り断熱材は使っていません。90mm角の柱間に外側から60mmに5mm厚の仕切り板があります。
これにより60mm、25mmの2層の空気層ができかつ天井、床から空気が逃げない構造となっています。この状態で冬季は一切結露の発生はなく、窓際の冷気を感じるコールドドラフト現象はありませんでした。

真の住まい通信no.46 その2
posted by 真の住まい造り推進グループNEWS at 11:42 | Comment(0) | 真の住まい通信

2017年07月27日

真の住まい通信no.45 性能表示・認証の継続 その2

住環恊は、信州の快適な住まいを考える会(SAH会)と共同研究をしてきました。内容は、住環恊の性能表示をSAH会会員の造る住宅に適用して自分の技術レベルを確認してみることがテーマです。SAH会の総会(6月27日)で結果を報告しましたので、概要を説明いたします。
真の住まい通信no.45
posted by 真の住まい造り推進グループNEWS at 15:05 | Comment(0) | 真の住まい通信

2017年06月01日

真の住まい通信no.44 福祉介護施設を無暖房仕様の実例を紹介します

テーマ5の1として、福祉介護施設を無暖房仕様にまで性能を高めた事例について紹介します。
真の住まい通信no.44
posted by 真の住まい造り推進グループNEWS at 12:33 | Comment(0) | 真の住まい通信
検索ボックス

<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
最近のトラックバック
最近のコメント
page top