NEWS

2017年04月12日

真の住まい通信No.41 性能表示・認証の継続と床暖房・断熱材なし木造住宅の紹介

真の住まい通信No.41


テーマ1では、実際と表示値のかい離の問題として、車の燃費の表示は、日本独自の10モード表示を・・・軽自動車、ハイブリッド車などが大きくかい離していることから国際基準WLTPモードを2018年10月から採用される見通し。同様なことが2020年の省エネ基準適用義務化に伴う一次エネルギーGJから換算したkWh/uの評価とは実際のかい離はどう説明するかについて考えます。
テーマ2では、今後の住宅の省エネ性については断熱強化が中心となるであろうが、断熱材を使用しない住宅で、夏はエアコンなし、冬は床暖房仕様で居住者が満足している住宅の紹介です。
posted by 真の住まい造り推進グループNEWS at 15:23 | Comment(0) | 真の住まい通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス

<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
最近のトラックバック
最近のコメント
page top